古代史につながる地名と読み方

大阪には読み方が珍しい地名が多くあります。大阪府でみていきます。
阿倍野は、アベノと読みます。奈良時代の歌人の山部赤人が由来だという説もありますが、豪族の阿部氏から来ている説が有力です。平安時代の陰陽師の安倍晴明が所縁の地でもあります。
放出は、ハナテンと読みます。古代の大阪は内陸部が湖となっていて、治水工事をする前の旧淀川への放出口を呼んだという説、668年に草薙剣を盗んだ犯人が恐れて剣を捨てた地と日本書紀に書かれてある説があります。
喜連瓜破はキレウリワリと読みます。喜連は渡来人をあらわす言葉が変化し、瓜破は修行した僧侶が瓜が割れたので奉納したという説があります。
杭全はクマタと読みます。古代朝鮮半島にあった百済国から、クダラからクマタに変化したという説があります。
羽曳野はハビキノと読みます。英雄ヤマトタケルノミコトが死後白鳥になって羽を曳くように飛び立っていったという説があります。
中百舌はナカモズと読みます。鹿を仕留めたら、鹿の耳から鳥のモズが出てきたのが由来だという説があります。
交野はカタノと読みます。奈良時代に肩野物部氏が開拓指導し治めたためと、平安時代に交通の交差という意味でカタノと読み交野という字をあてたとする説があります。
このように大阪には難読地名がありますが、古代史に由来が遡ります。長い時代、街としても文化の地としても栄えてきた証拠が地名に伝わっています。

▼おすすめのサイト

コンタクトレンズ通販という幸せ
http://www.and1-mhs.com/
コンタクトレンズ通販の最安値をショップを比較する国内最大級の価格比較サイト。ワン
デーから乱視用、カラーコンタクト(カラコン)まで様々なコンタクトレンズの通販価格を比較しています。
親鸞会で悩む前にアクセス
http://xn--6oqq14l22m.net/
親鸞会の仏教講座、ひまわり日記のトップページです。学生時代から会員として所属し、現在、 親鸞会の講師をしている筆者が管理人として運営しています。また、誰もが知りたい親鸞聖人の本当の教えを、このブログで解説致します。
利用者の96%が納得と回答した糖尿病
http://www.nagayoku.com/solution/
糖尿病講座、流れて良くなる.comの解決編「糖尿病の本当の原因」についてご紹介しています。「くたばれ糖尿病」を合言葉に、本当の原因、治療法、食事療法、症状、合併症、予防法に的を絞った情報をお届けしています。
Google
https://www.google.co.jp/
買い物するなら楽天
http://www.rakuten.co.jp/